TEL 079-222-0759
診療時間 8:30~13:00/16:00~18:30

〒670-0925 兵庫県姫路市亀井町16

姫路駅から徒歩5分

花粉症

HOME»  花粉症

花粉症

花粉に対するアレルギー反応です。
眼(眼のかゆみ、違和感、ショボショボする)、鼻(くしゃみ、水の様な鼻汁、鼻づまり)、の他に、
のど(乾燥による痛み、イガイガ感)、皮膚(かゆみ、湿疹)、咳、頭重感などの症状があります。

中心となる治療

  • アレルギーをおさえる薬(飲み薬)
  • 鼻症状・・・点鼻液
  • 眼症状・・・点眼液

原因

  • スギ 2月頃から4月頃
  • ヒノキ 4月頃から5月頃
  • イネ科 6月頃から8月頃
  • キク科 8月頃から10月頃

普段のほこりの暴露が原因で、花粉症の症状が出やすくなっている人が増えています。

初期療法

症状が出てから治療を開始した場合に比べ、花粉の飛び始める2週間以上前から治療すると、症状の出現が遅くなり症状が軽度で済みます。

早めからアレルギーをおさえる薬を飲み出す治療法です。

天気予報等で飛散開始日というのは、24時間で1cm×1cmあたり花粉1個以上が2日続けて確認された日です。実際にはそれ以前から花粉は飛んでいます。

花粉について

スギやヒノキは樹齢30年になると花粉を多くつけます。
最近、30年間で樹齢30年以上の樹が倍増しています。
しかし今もまだ半分が30年以下でこれが徐々に30年以上になります。
春はスギとヒノキの合計が花粉量となります。

<ヒノキ>
スギよりも30年以下の樹が多いのでいずれはスギよりも多い年が来ると考えられています。
ヒノキはスギと同じ条件に影響されると思われていましたが、予測に反してスギと比較して飛散量が多い年もあり、降雨量などスギとは異なった条件に左右される可能性があります。
飛散量を確実にはまだ予測できません。
<全体に>
2050年までは花粉が増加します。

花粉飛散量

スギやヒノキの花粉を飛ばす雄花は7月から8月にかけて生育します。
前年度の7月中旬から8月下旬の気温と日照時間が影響を及ぼします。
特に気温よりも日照時間が一番関係します。
これは秋の紅葉にも関係します。
ヒノキは雨にも関係する様です。
前年の飛散量が少ないと樹木がエネルギーを蓄えて花芽が多くなりますので次の年は多くなります。
スギの木が生長する事により雄花が多くなりますからこれを考慮して予測します。

Top