TEL 079-222-0759
診療時間 8:30~13:00/16:00~18:30

〒670-0925 兵庫県姫路市亀井町16

姫路駅から徒歩5分

皮膚科

HOME»  皮膚科

アトピー性皮膚炎

もしかしてアトピー!?

肌がカサカサして皮膚がめくれたり、かゆみがおさまらないなどといった症状はありませんか?
もしかするとアトピー性皮膚炎が原因かもしれません。

アトピー性皮膚炎とは

アレルギー反応やそのほかの様々な原因による皮膚炎を総称してアトピー性皮膚炎と呼びます。
かゆみを伴う湿疹が頭皮・顔・関節・耳を中心に全身に現れます。
もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。
症状が長引くとささくれ立って皮がむけたり、皮膚そのものがゾウのようにごわごわと硬くなってしまうこともあります。

治療には2つの目的があります。

  • アトピー(アレルギー)体質による皮膚炎に対して
  • 乾燥肌による症状の出現に対して

アトピー(アレルギー)体質による皮膚炎に対して

  • アレルギーを押さえる薬(飲み薬)

皮膚の症状、かゆみに対して

  • 症状、かゆみをとる薬(飲み薬)
  • 非ステロイド消炎剤(塗り薬)
  • ステロイド消炎剤(塗り薬)

ステロイドの方が効果があります。効果があるからと必要以上に使い続けないでください。
副作用を心配し過ぎて、必要な薬を使用しないで放置しておく事は、皮膚、体の為に良くありません。

乾燥肌による症状の出現に対して

  • 保湿剤(塗り薬)

特に入浴後15分以内に必ず1度は塗ってください。入浴後に皮膚の水分、油分が失われやすいです。

じんましん(蕁麻疹)

じんましんは皮膚の肥満細胞から遊離した物質によって全身もしくは一部の皮膚に、大小さまざまな発疹が現われ、強いかゆみを伴う症状です。発疹は数分から数時間で消えてなくなります。アレルギー体質の人に多く見られるとも言われますが、外部刺激やストレス、食品(サバ、エビ、卵など)などでも起きます。生涯で個人がじんましんに罹患する率は約15%とされています。

しっしん(湿疹)

湿疹には様々な種類があり、貨幣状湿疹、主婦(手)湿疹、汗疱、乾燥性湿疹などが含まれますが、どれも赤み、かさつき、かゆみを伴い、皮膚がむけたりすることもあります。ステロイド剤や保湿剤の外用薬にて処置をすることがほとんどですが、症状によっては、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服を併用することもあります。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水ぼうそうと同じく、水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされます。子供の頃に治癒した水ぼうそうのウイルスが生き残っていて、神経節内に潜伏していたものが再活性化し、発症します。50歳代の女性に多くみられます。

症状としては、神経線維にそってまず痛みや違和感が見られます。その後、左右どちらかの皮膚に神経線維にそった形で帯状の発疹や水ぶくれが出るのです。発症部位は、胸や背中が最も多く、ほかに首や顔、腕、太ももなどにも見られます。時に結膜炎や顔面神経マヒなどを合併することがあります。

にきび(尋常性ざ瘡)

毛穴に皮脂や汚れがたまるとアクネ菌という菌が増殖し、皮膚の炎症がおこります。基本的なスキンケアや規則正しい生活で症状を抑えたり、予防したりすることもできますが、化膿したり・膿が出るようになってしまうと、自己流のスキンケアでは対応が難しくなってしまいます。
外用薬だけでは改善しないこともありますが、その場合は内服薬・ピーリングも効果的な治療法です。

にきびを治したい!

にきび菌(アクネ菌)が原因

抗菌剤(塗り薬)を中心に治療します。それで効果が少なければ飲み薬にします。

毛穴の中性脂肪等の増加

ビタミンB2、ビタミンB6の飲み薬をします。

毛穴がつまる

にきびのある場所は、化粧をしないのがベストです。

化粧品等は油脂成分の少ない物にしてください。

化粧している時間は出来るだけ短かくしてください。
そのためには、化粧は出かける直前にし、帰宅後は出来るだけ早く落としてください。

Top